為替相場で勝つための7つの鉄則

第1条【相場に向かう前に自分のシナリオを作る】

自分なりのシナリオを作らず相場に向かいレンジを想定すると、目の前にレベルに流されることになります。シナリオを作るそ理由は、相場が予期しない動きをしたときに、シナリオがあれば相場観を修正改善することができますが、シナリオがなければ予想レンジに囚われ身動きが取れなくなることがあります。そのようなことにならないためにしっかりシナリオを作ってからレンジを予想することが大切です。シナリオを作るうえで不可欠となるのが、ファンダメンタルズの分析です。ファンダメンタルズの通りに相場が動くとは限りませんが、シナリオを作るうえでファンダメンタル分析が重要な材料となります。しかし、マーケットには相場の偏りがあり、これは誰も正確に把握することはできません。しかし、チャートはポジションの偏りのヒントを与えてくれためテクニカル分析が有用となります。ただし、チャートそのものに特に意味はありません。投資家の多くが、チャートを見ながら取引を行っているためテクニカル分析が重要性を持ちます。

第2条【利食いと損切りのポイントをあらかじめ決めておく】

ポジションを持った時点で、必ず利食いと損切りのポイントを決めておく必要があります。為替相場に休みがないため、24時間寝ずに相場を監視することが不可能なため、とくに利食いのオーダーを事前に出しておくことが大切です。せっかくの利食いを失っては相場に参加しながらも悔しい思いをします。その悔しさから教訓を得ることができならともかく、悔しさはその後、無理な取引を引き起こす原因となります。

第3条【過去に囚われてはいけない】

過去の相場が今の相場のヒントを与えてくれることがあると考えることができます。なぜなら、人間は過ちも含めて過去と同じ行動をとってしまうことがあるから。だけど、思い通りにいった過去を思い出し同じようにトライすることや過去の過ちがトラウマとなり相場から降りてしまう・・・といった過去に囚われた動きをしてはいけません。為替相場が過去と似たような動きをしたときは、過去と今の動きを比較するだけでなく、マーケットの参加者を分析したり、政治的要因やファンダメンタルズを分析し、行動することが大事です。

第4条【相場の主人公は相場そのもの】

相場に参加するには、自己否定を恐れてはいけません。相場の主人公は、自分でもなければ、マーケットの参加者でもありません。なので、自分の考えで「必ずこうなる」「こんなことは起こらない」など、自分中心の考えを持つことはやめましょう。自分の間違いを恐れたり、気づいてる間違いに対して、認めることができる、その間違いと向き合うことができなければ、相場に参加しても利益を得ることはできないでしょう。

第5条【強い意志と謙虚な姿勢】

自分自身が周りから認められている立場でも、常に人の意見に耳を傾けることが大事です。自分より優れている人はもちろんのこと相場の達人として尊敬している人の話を聞くということは、決して損にならないからです。しかし、意見を聞いたからといって惑わされたり、その人に言うとおりにするということではありません。自分にとって必要のない話を覚えておく必要はなく、最終判断を下すのは自分自身、その結果に責任を持てるのも自分自身だけということです。

第6条【「休むも相場」とは・・・】

取引にはまり、相場に対して熱くなりすぎ一人相撲をしてしまうことや、損失を出してしまったあと、相場を予想しにくいときは、ポジションを一度整理して、冷静に反省や分析をするために、休むという行動は賢明です。いつもポジションを持つことがすごいというわけでもありませんが、ポジションがなくなると、相場に対する見方や真剣さが失われます。ポジションを整理して、ノーポジションになっても次に相場でハンディを負わないためにも、ポジションを持っている時と同様に相場と向き合うことが大切です。

第7条【相場と向き合うことで自分が磨かれる】

FXが楽しい時、苦しい時でも相場にどっぷりはまってはいけません。自分と相場を客観視できる人こそが、本物の「相場師」といえるでしょう。そのため、どんな状況であっても相場と戦う自分を少し離れて客観的にに見守るということが大切になります。そして、FXを始めたことにより、国内だけでなく、海外の政治・経済などあらゆる事柄に対する関心や見方が変わり、人生の局面に出会う様々な状況によって自分が磨かれていきます。相場から学ぶことはたくさんあります。また自分で気づいてなかった自分自身を知ることができ、世の中を知ることにもなります。知恵をつけたり、自分の力を鍛え、向上させてくれる場を提供してくれるのが、相場です。



詳しくはこちら