FXは、相場の底と天井を当てるゲームではありません。

マーケットに参加してる人は誰でも最安値で買って最高値で売りたいと考えます。しかし相場の最安値がどこで、最高値がどこになるかを当てることは不可能です。なので、相場の端から端を追って取引をしていると、不本意な結果を招いてしまう可能性があります。どのような状況が最安値になるかということを理解してから、目の前の相場に向かう必要があります。1日でも1年でも安値を攻めるということは、参加者の多くが売りたくてどうしようもない状態の時で、逆を返せば誰も買いたくない状況が最安値になるということです。順張りという方法で相場の端で取引を行うとしても、こうした状況では、売りに走るのが妥当だと考えられます。

最安値で参戦することは、最安値を当てることではありません

底値で買うことが出来たというのは、偶然に過ぎません。買ったときのレートが底値だったかどうかは、時間が経たないとわかりません。そして、底値ということは、自分が保有したポジションが局面を向かえているということになりますから、逆張りで、すぐに売って利食いを確定しないと損失を出してしまう可能性が高いため、長く持てるポジションではありません。相場の底値で取引を行うということと、底値を予測し当にいくということは、まったく別の話です。



詳しくはこちら