損切りのストップオーダーを必ずいれましょう

FXで儲けるためには、損切りがもっとも大切な行為となります。相場が変動し下げ基調から回復してくるとわかっていても、それがいつになるかは誰もわかりません。なので、自分の立てたシナリオ通りに損切りができなければ、損失を拡大させてしまう可能性があるし、損切りしないで相場が回復するのを待つのは時間の無駄です。損切りできなければ、次の手を打つことができません。、回復するまで待つとなると、目の前でわかりやすい相場が展開されても、見てることしかできないのです。損切りができないことで、収益を狙う機会を次々に失います。そのようなことにならないために、相場が反対に動いてしまったら、損切りするという習慣を身につけましょう。

取引を始める前に、「ここで買って、ここまで上がったら売る」とシナリオを作ります。シナリオ通りにいかず損切りをすることは、動いている相場で負けを確定させてしまうことなので、しぶりたい気持ちがあります。しかし、それはマーケットに参加してる全員が同じです。損切りしても、相場は損切りしたレベルの近くを変動しているわけで、同じコストで相場に再度入りなおすことは可能なのです。

冷静に考えてから出直す

損切りをしぶってなかなかできない人のために「ストップオーダー」という便利なサービスがあります。損切りは機械的にするようにしましょう。相場の変動でポジションがロスカットレベルになってしまっても、キャンセルしたり、ストップアゲンストをすることはいいことではありません。相場が反対動き、シナリオと違う相場が展開されているということを受け入れることが大事なのです。一度損切りし、スタート地点に戻り、冷静に考えてから、相場に入り直します。そして、保有するポジションには、かならずストップオーダーを入れておき、レートを監視できない時間でも対処できるようにしておきましょう。自分のポジションを放置するということは論外です。



詳しくはこちら