負けないための取り組み方を身につける

一見難しく思える為替相場との向き合い方や取り組み方ですが、柔軟性をもって取り組めば難しいことはありません。外国為替証拠金取引の基礎知識を覚え、口座を作り、役に立つツールも準備し、そして資金を用意しました。取引の一番難しいこと、それは自分を知ることです。相場になれてくると自分を見失いがちになります。FXで儲けるということは、やってはいけないことをしない、つまり相場に負けない取り組み方を身につけることが大事です。

FXで利益を狙う目的は、デイトレードでの値幅

ドル/円の過去の動きを見ると、1日の値幅は約70銭。1日のうち最低でも40~50銭程度は変動しています。デイトレードはこの1日の値幅で決着をつけ利益を出していかなければなりません。そのため、デイトレードで10円も離れた利益を狙ったり、1年先を予測する必要はまったくありません。基本は短期のポジションということ。1日のうち40銭程度の値幅であれば小動きだったということになり、2円3円と相場が大きく変動すれば、ニュースにもなります。1日のうち利益を出す目標は50銭と決めた場合、91円の買いポジションで攻めるなら、利食い目標は91.50銭ということになります。毎回予想通りに相場が上昇するわけではなく、相場が下落に動いてしまった場合は、損失を狙いたい利益の半分程度に抑えたいので、90.70銭で損切りします。目標利益を50銭、損切りのポイントを30銭にしなくても、もっと値幅を縮小させて利食い40銭、損失を20銭にしたり、逆に値幅を拡大させて1円の利益を狙い、損失は50銭までにしても良いでしょう。このように、利食いの目標の半分が損切りの目安と決めておけば、勝敗の確立が2分の1だとしても、最終的にお金が残ります。1日で決着をつけるデイトレードに取り組む場合は、毎日新鮮な気持ちで取り組むことが大事です。

MJオンライン
業界最狭スプレッドを実現!高金利通貨を含む豊富な通貨ペア!レバレッジ最大400倍!もちろん取引手数料は無料です。
詳しくはこちら