相場観を持って相場に取り組む、過信は損失に繋がる

誰もが相場観を持って相場に取り組みますが、しっかりとした相場観を持ってなければ、すぐに揺らいでしまいます。相場がどのような流れで、この状況になったのかが頭にしっかりはいてる人、記憶力のいい人が優れた相場観を持っています。記憶力がなくてもコンピューターの普及ですぐに過去のレートをみることができます。なので、誰もが同じレートを見ているというなかで、自分が強気に取り組めるとき、弱気になるときは目の前の相場の金額に対して、忠実でなければいけないということの裏返しなのです。上がる下がるという相場観は目の前の相場観であるため、いくらでも変わります。相場に入り取引を始めると、すべての予測や結果について何かしら根拠を求めます。理由のない考えで行動を起こすことは考えにくく、過去において何度もうまくいった手法だとしても、毎回毎回同じ手法で取り組むと過去にこだわったおかげで、損失につなげてしまうこともあります。相場を行ううえでは、絶対と考えることはやめましょう。

意地を張る必要はない

目の前の価格、相場の値動きが目の前で起きている事実ということは、過去の手法を使う上で絶対ということがあり得ません。絶対がないということをしっかり理解したうえで過去の手法を取り入れることは問題ありません。しかし、自分の予測に反して相場が動いた時は、シナリオが変わってしまったと考え、損切りし、新たに取り組むことが必要です。意地をはってもいい結果にはなりません。また、評論家などが話すことを鵜呑みにして、取引を行うということも避けましょう。あくまでの人の言っていることは参考までにとどめておくことです。評論家の言う通りにポジションを持ったまま寝てしまう。夜中に急な相場の変動があり、大きな損失を抱えてしまうこともあるでしょう。評論家の言ったとおりにしたとしても、それが外れたときに評論家は責任をとってはくれません。このようなことにならないためにも、目の前の値動きに基づいた損切りが大事になってきます。どんな予測や助言も、外部環境が変われば、相場は大きく変動します。ですから、相場の値動きに忠実になる姿勢を貫きましょう。



詳しくはこちら